「仕事」から「趣味」へのshift down

ヨガソロイストのほんだゆみです。

ヨガソロイストと
ヨガインストラクターは
別のものです。
別のジャンルでもないです。

私のヨガソロイストとしての
ヨガインストラクターの分類は
ずっと「仕事」でしたが、

「趣味」のカテゴリーにしていきたいというのが長年の願いでした。

ただ安定した仕事を辞める勇気がありませんでした。

収入のこと
生徒さんのこと
信頼してくださるジムの皆さん
インストラクター同士の繋がり
それらを手放す理由をずっと探していました。

でも、理由が見つかった時

実は理由なんてどうでもいいことに同時に気づきました。


ただ、幸せになる勇気が無かっただけ。だと



震災の7回忌の朝
空を見上げて「青いなぁ」って
泣きそうになった瞬間
決めました。

レッスン後に辞めますとお伝えして帰宅。

いろいろな感情や思いが湧いてきますが…それすらも愛おしい。
私は私の決断を尊重しています。
それが私が心から望むことだから。
今は重い足枷が外れたように軽い心持ちです。

*********

ヨガインストラクターを仕事にされている方、または目指している方は
割り切って「仕事」にしないと
インストラクターというカテゴリーに狭さと居心地の悪さを感じるようになると思います。

でも
「趣味」というと、
なんだか中途半端な感じがするし、
「仕事」までいってないのに仕事とか言えない、とか
仕事にしてる人に失礼かな、とか

また、ヨガの奉仕的で献身的な部分を「仕事」としてやってることに違和感や罪悪感を感じたり…
仕事としてやってるのに対価をいただくのに戸惑って安くしちゃったり。

これ全部、私がそうでした。

割り切れず
矛盾していて
受け取り下手で…

なんならいっそ、割り切って
本音言って
全部丸ごと受け取って
そしたらどうだろう?って
やってみました。

色々。


そして、
「ヨガソロイスト」になりました。

何にもハマらないんだから仕方ない。

それがヨガソロイスト。


伝えるでも
伝えたいでも
伝えなくても
伝わらなくても
何でも良くて。
もーそこじゃないから(笑)


あなた自身が◯◯◯ソロイストだと気づくこと。

それは今この瞬間にもできること。

だから、直感でー(笑)ってことになります。


まだまだヨガソロイストについては
書いていきますので〜

ただ、理解しようとしないでくださいね。

直感で〜(笑)


【お問い合わせ】
easespace2012@gmail.com
ヨガソロイストほんだゆみ
昨日は留寿都までドライブ。
羊蹄山キレイに見えましたよ。

YOGA SKINCARE LIFESTYLES easespace

「カラダと肌と生き方」 この3つが整えばきっと女性は幸せ カラダと向き合うヨガ 素肌美引き出すスキンケア どこまでも、どこまでも自由に ☆随時募集中☆ プライベートヨガ スキンケアアドバイス お話相手

0コメント

  • 1000 / 1000