わたしの理想の養成講座

思うんですが…(長文です)

養成講座って
64時間とか100時間とか
短期集中とか合宿とかして

一日中缶詰になって

ヨガ哲学、アーサナ、レッスンの組み立て方、コーチング、解剖学、模擬レッスンなどなどなど…を

一度に詰め込む訳です。
レポート提出や試験もある。

高いお金を払って
時間を費やし
頭をフル回転させて
「ううっ〜」ってなりながら

それはそれでひとつのシステムなのだと思います。



私も認定資格は幾つか取得していますが、プロフィールには一切載せていません。聞かれた時だけ答えてます。

表向きには資格ない人でしたが、全く困りませんでした。

なぜ載せないのかというと、

資格にまつわるいろいろなことが「面倒くさかった」のです。

資格で比較されたり、資格を自慢されたり、資格で格付けされたり
また、資格でしかみないひとと関わりたくなかったです。

あと、
養成講座を受講中は沢山の学びがありましたが、とても苦しい時間でもありました。
レッスンで伝えたいのは
初めてヨガをした時に感じた「癒しやリラクゼーション、呼吸の心地よさ」なのに、養成中はそれはら全くなくなっていました。

本来ヨガで感じる心地よさや楽しさを伝えたい学びたいと、養成講座を受講するのに
受講中はそれがない…
養成講座の問題点はそこだと感じていつつ、私自身が既存の考え方に囚われていたため、養成講座開講までに至りませんでした。


私の理想の養成講座は…
「楽しい時間を創造できるひとになれる」講座にしたい。

子供が幼稚園で遊びを学ぶみたいに、
ヨガで楽しいことを沢山見つけられるひとになってもらえるように。

【自分の人生を豊かにできるように。】

そんなひとを育てるためにも、
私自身が
もっともっと豊かになりたいと思うんです。
【養成講座のご依頼を受け付け中】
自分の人生を豊かに創造したい方のご依頼お待ちしております。

easespace2012@gmail.com
本多由美

YOGA SKINCARE LIFESTYLES easespace

「カラダと肌と生き方」 この3つが整えばきっと女性は幸せ カラダと向き合うヨガ 素肌美引き出すスキンケア どこまでも、どこまでも自由に ☆随時募集中☆ プライベートヨガ スキンケアアドバイス お話相手

0コメント

  • 1000 / 1000